メタルマスクがない実装方法

メタルマスクがない場合の実装について

サポート部から

部品実装において「表面実装部品を実装する工程」と「挿入部品を実装する工程」がございます。

表面実装部品(SMD)を機械(SMT工程)を使って実装する場合に、生板上のパッド(半田が付く部品の電極部分)

にクリーム半田を塗布します、その塗布の際にメタルマスクを使います。

そのメタルマスクなしで実装する事がありまして、ディスペンサでハンダを塗布する方法と手付け実装になります。

ディスペンサでハンダを塗布する場合は、塗布後表面実装部品を手載せをしてその後リフローします。

メタルマスクを使用しないのですが、別途実装費用がアップすることもあるので、営業担当へご確認願います。

手付け実装の場合は熟練された専任者が半田付けを行います。