LED表示基板の点灯検査の応援

LED表示基板の点灯検査の応援

今日は、先日のお話しをアップします。

アミューズメント用の表示基板(試作用20セット)14基板の検査、梱包をする事になり

スタッフ数名と一緒にやりました。

通常、表示基板の検査、納品はご協力会社様で行って頂き、

弊社で梱包状態と数量の確認をしてお客様へ納品するのですが

今回イレギュラー要因と担当営業の要望もあって社内ですることとなりました。

先ず、検査をするにあたりお客様から検査機(治具)を借りてきているので

良品(正常に動作する物)一式と一緒に検査の準備へ

実装工場から納品された製品(14基板20セット)を段ボールから抜き出して

全製品の目視による外観検査をスタッフ全員で確認、問題がない製品を並べて

次に点灯検査へ、点灯検査用の治具をセットして検査の手順を確認、

担当者の指示で14種類の基板を順次入れ替えながら20台分の点灯を確認

(コネクタの挿抜で入れ替えをするのですが、FPC用のコネクタは要注意ですね)

全ての作業は3時間程で完了、不具合もなく無事20台分の製品を発送準備まで

普段の業務では手配関係が主なので、実装基板に触れる機会があると勉強になりますね。