PCB基板やPWBなどプリント配線板の表現

PCB基板やPWBとかプリント配線版の表現が

サポート部より

弊社の業務の主要製品であるプリント配線板がございます。

そのプリント配線板で

お客様からPCBとかPWBとか基板、生板、リジット基板、PCB基盤、実装基板

生基板、ガラエポ基板、FR4基板等々の表現でお見積りや製造依頼がございます。

お客様側の長年使われている言葉、表現なのですが

改めて訂正することはなくご依頼内容を進めております。

表現内容ですが、下記は一般的な解釈です

PCBとPWBは違っていてPCBは部品実装を含む電子回路が含まれたプリント基板で

PWBは通電できる配線が施している板、プリント配線板になります。

生板→プリント配線板、リジット基板→柔軟性のない絶縁体基材

PCB基盤→部品実装された基板、実装基板→部品実装された基板

生基板→生板とも言う部品実装されていないプリント配線板、

ガラエポ基板(ガラスエポキシ基板)=FR4材→ガラス繊維製の布(クロス)を重ねたものに、エポキシ樹脂を含浸した基材。

等々専門用語がございますので間違わないようにお見積りをさせて頂いております。

弊社のHPに専門用語の解釈を載せてもいいかなぁと考えております。