操作パネルのキートップがない

  •    

スイッチが押せない!

時々部品手配をしている際に出てくる“キートップ”という部品。
どう使われるかがやっと判明いたしました。(無知すぎて恥ずかしいですが…)

 

今回ご依頼いただいた実装基板は、いつものように部品を実装後
鉄のプレートを取り付けたり、操作パネルを貼り付けたりといった組み立てがございました。

基板両面に全ての必要部品を実装し、スイッチ部品が取り付けられた面側に
穴の開いた鉄のプレートをかぶせ、
その上に△▽のようにボタン操作の書かれたパネルを貼り付ける。
パネルを貼付け後、その△▽ボタンを押すと押せる…はず… はずなのですが…。。。

実装・組立が完了後、工場が検品している時に
「ボタンを押している感覚がありません」「高さが足りていないようです」
と連絡がありました。

なぜ?

一旦動作確認をしていただくご協力会社様へお送りし、ご確認いただきました。
「調べてみたところ、キートップが付いていません」

そうなんです!キートップが付いていなかったのです!

これをスイッチ部品にかぶせることで、押せるんです。高さも出るんです。
(PCキーボードの各キーを覆っているものもキートップです)
→→→

今回御支給が遅れ、キートップをお渡ししていなかったため、
このような事態となってしまいました。実装工場の皆様、大変お騒がせ致しました。(~_~;)

一つ一つの部品がどんな役目をしているか、どう影響するのかをより深く考えつつ、
部品手配のスペシャリストになれるよう精進してまいります。

♥部品手配~実装までのご依頼を心よりお待ちしております♥

by 風