TPやJPといった電子部品

  •    

” TP ” や “ JP ”

これまで部品手配をする上で、あまり意識をしていなかった部分。
よく見かけるリファレンス記号で言うと
“TP”や“JP”といった、電子部品が搭載されない箇所。

決して未実装というわけでもなく、
かといって電子部品が実装されるわけでもないので、
特別指示がない限り、そのままにしておりました。

電子部品と一緒にハーネスを製造することもあり、
それを一緒に実装工場へ渡し依頼する。

実装基板をよ~く見ると、
このハーネスの線をつなげたりするポイントであったり、
ジャンパー線で繋げるための結構重要なポイントだったんですね!

設計上だけのものか何かだとばかり思っていました。
まだまだ勉強不足ですね。
単純に型番ありきの部品手配をするだけでなく、
これからはさらに深堀して日々精進してまいります。